老後のお金、大丈夫?
人生と幸福とお金

新興国通貨への投資は損か得か

新興国通貨のデメリット

新興国通貨のデメリットと言えば、為替相場の変動が大きいため、大きく損をする可能性もあるという事です。言い換えればだからこそ高金利という特典を付けて、新興国通貨への投資を銀行側は薦めているんですね。


では新興国通貨が大きく下落する背景には、どんな要因があるのでしょうか。これはもう一言では言えない国家レベルの景気の事になりますので、一般人にはなかなか具体的には理解できない点もあります。


しかし過去の実績でいうならば、1997年にあったアジア通貨危機というのがあります。韓国ウォンを中心にしたアジア諸国の通貨が、急激に下落したのです。原因はタイが自国の通貨であるバーツを変動相場にしたことと言われており、そこから混乱が始まり、結局韓国ウォンは通称IMFという国際通貨基金に管理されました。


またほとんどの新興国通貨と言うのはまだまだ世界的には力が弱いわけですから、世界一の巨大通貨であるアメリカドルが変動すると、それに引きずられるように変動するということもあります。


このようにちょっとした政治的な混乱や経済的な懸念が、新興国の場合は通貨の価値を大きく左右しますので、いくら高金利に目が眩んだとしても大金を投資してしまうとちょっと怖いという一面も持ち合わせています。


大損をしないためには、一つの新興国通貨にがっつり投資するというよりは、いくつかの新興国通貨に分散する形で投資すると、集中した大きな失敗は防げるかもしれません。