老後のお金、大丈夫?
人生と幸福とお金

挑戦してみようインデックスファンド

インデックスファンドとは?

インデックスファンドという言葉を耳にしたことがはあるでしょうか。最近、投資信託の人気ランキングなどでもよく見かけるようになってきています。


まずインデックスファンドの「インデックス」ですが、普通に考えて「インデックス」というのは項目や目次などを意味します。インデックスファンドの「インデックス」の意味は、マーケットの動きを示している指数のことです。


マーケットと言うのは市場全体の事で、市場は様々な価格のデータによって値上がりしたり値下がりしたりしています。値上がりや値下がりの動向は分かりにくいので、その動きを数値化した物がインデックスということです。


インデックスには世界中に様々な種類があり、日本では「日経平均株価」や「東証株価」などが有名です。海外では「NYダウ」などがあり、投資の事がよく分からないにしても耳にしたことがあるのではないでしょうか。


つまりインデックスファンドは複数の企業の株などの動向をまとめて平均値を出したものなので、対照的なのは個々の企業の株への投資という事になります。株でしたらその企業の業績の上下だけで自分の投資の成果も同じように上下しますが、インデックスファンドならば複数企業の平均なので、あまり極端なマイナスにはならないというのが利点です。


例えばどのような企業が組み入れられているのでしょう。日経225に連動している有名な企業を羅列すると、ホンダ・キャノン・セコム・トヨタ・NTT・ファーストリテイリングなどです。


ちなみに海外のMSCIコクサイ指数に組み入れられている企業は、マイクロソフトアップルIBM・GOOGLEなどがそうです。世界の大企業に投資できるという点もインデックスファンドの魅力です。