老後のお金、大丈夫?
人生と幸福とお金

老後を見すえた資金の計画をしよう

将来に希望を!個人年金保険

新興国通貨への投資は損か得か

挑戦してみようインデックスファンド

便利に使おうクレジットカード

郷土愛を標榜する富山銀行

チャレンジ力を大切にする琉球銀行

地域と共に歩み続ける但馬銀行

新進の地方銀行として貢献する北九州銀行

ATM事業を核にローソンの銀行業務参入

新進の地方銀行として貢献する北九州銀行

北九州銀行の将来に備えるための商品

北九州銀行では将来のリスクに備えるための商品として、またゆとりあるセカンドライフへの準備として、提携保険会社の各種保険商品を紹介しています。


予期しなかった病気やケガに備えるには、医療保険が適しています。入院給付金と手術給付金が保障の大きな柱で、経済的な負担を減らせます。また、がんと診断された際には、「がん保険」があります。入院や手術の給付金の他にも診断給付金やがん先進医療給付金なども付き、治療期間が長くなることが多く経済的なリスクも高いがんを手厚い保障でカバーする保険です。


「死亡保険」は被保険者が亡くなった時や高度障害状態になったときに保険金が受取れる保険です。保障される期間が一定期間のみの「定期保険」と、死亡保障や高度障害保障が一生涯続く「終身保険」があります。また、中途で解約すると解約返戻金が戻ってくるので学資や老後の資金として利用したり、万一の場合には保険金は残された家族の経済的な支えにもなります。


公的年金を補てんし、老後資金の準備として「個人年金保険」を利用している方は多くなっています。個人年金保険は払込んだ保険料を保険会社が運用し、所定の年齢から年金として受取る保険商品です。被保険者が死亡した時には、死亡給付金が支払われる保障も付いているので、金利の安い銀行に預けておくより貯蓄効果が期待できます。


個人年金保険には日本円で保険料を積立てる円貨建と、積立てと受取りも外貨で行う外貨建の商品があります。また将来受け取る年金年額(年金原資)が契約時に確定しているのでライフプランが立てやすい「定額個人年金」、その時の市場金利の状況などで運用実績に基づいて受取る年金額が変動する「変動個人年金」があります。変動個人年金は、運用次第では高い収益も期待できますが、逆に受取る年金額が減って損失を被る可能性もあります。また個人年金保険料控除が適用されるので、所得税や住民税が控除され節税のメリットも期待できます。